俄に溜息日記

毎日日記を書きたい。自分の考え学びのアーカイブである

2020/06/29、月曜日の日記

今日の学び

  • アンリルソーはピカソに見出された。ウマヘタ芸術家
  • cheerは掛け声であって、頑張れという意味で使えない、supportとかKeep it upとか使う
  • soberでシラフという意味になる

今日の疑問と考え

  • 人間は自分で決定できない死というものを意識することによって自由意志における決定や終わりを行おうと考えるのではないかと思った
  • 探索的検索中の面白くなさをなくしたい。検索行動をアルゴリズムでどうこうというよりそっち方面で研究してもいいかもしれない。

今日の感想

今日は基本的に論文を探し、読むことをしていた。時間をかけた割には何も成果が得られていない。手法も決まっていない。7月までに手法を決定し、中間発表までには何かを行わないといけないと考えている。心の底に諦めと恐怖、焦りが渦巻いているが、驚くほど落ち着いている。

ずっと、生きている中で自分の意思ではなく「何者かの意思」や「運命」で人生を歩いて来たという考えが抜けないのはなぜか?ここまで、運よく来たのだからもし中退することになってもそれも定めなのではないかと思っている自分が存在するのである。友達なども大変な人生を送っており、自分も彼らの様な人生を送るのが正当なのではないかという考えがある。自分が大学院を卒業し、そこそこの企業に入ることが合っているのかなどと考えてしまっている。負癖というのか、負けることが安心になっている。

幸せになってもいいのだ、そう、自分に言い聞かせたい。とりあえず、研究はできるとこまで頑張ろうと思うが、修了できなくなったら、適当な就活エージェントに勧められたブラックな職場で四苦八苦することになる。そうなったら、俺の人生とはなんなのだろうか?学部時代もアルバイトと学業を両立して頑張って来た。全てが水の泡になる。ああ、運命はあるのだろうか?